ふろしき
みっけ★

2012-20XX

目隠しアイテムに活用したい風呂敷のアイデア

風呂敷は万能アイテムとして昔から使われており、地場産業の織物や染物となって
伝統を受け継ぎながら愛用されてきました。昔は布が高級品であり大切に愛用され、
破れたり小穴を繕いながら長年使われたのです。
旅の道連れや汗を拭うだけではなく、一枚の布が無数のエピソードを紡いでくれました。

風呂敷は収納だけではなく目隠しにも利便性があり、繋げて使えばのれんにもなります。
基本的には高価なものではないので、お店などの商売をやっている場合ならば季節ごとに、
のれんの代わりに風呂敷をお店とパーソナルスペースに飾って境界にすることもいいかもしれません。汚れから守る

お店ならば商品の下に置いて飾りにも出来ますし、食品ならば毎日取り換えて洗濯するなど、
衛生的な役割で使うことも可能です。軒先に置いておく物の上に被せれば、
排気ガスや土埃などを防ぐことも出来ます。

それだけではなく、ファンのいる店ならばノベルティグッズにして、
一定額の買い物をしてくれたら配ることも面白いかもしれません。

こうして風呂敷はお店という項目に限定しても、使い方は無数にあります。
大量消費時代では物は一回使ったら廃棄することが普通ですが、
再利用可能な風呂敷ならば衛生的何回も使うことが出来るのです。

日本の伝統が息衝く日常アイテム

日本の工芸品は土着の文化や素材を使い、伝統と技術で味付けすることで花開いてきました。
焼き物や銀細工や漆塗り、木工細工などは原料から職人の手で加工されて道具になり、
日常生活に溶け込む日用品になっていったのです。

染物や織物などは晴れの日の衣装や作業着になり、一枚の布を仕立てたり解いたりしながら加工され、
成長と共に布を当てられて仕立て直されて大事にされました。

風呂敷も一緒です。貴重な布を染め上げて染色し、文様を付けて愛用されました。
現在でもこうした家内制手工業的な物作りは息衝いておりますが、もっと気軽な形で姿勢で愛されています。

大量生産された布地を工場で染めることで、安価に市場に出回るようになりました。
オンデマンドのプリントショップでは、ベースモデルを選んで任意の絵柄やキャラクターなどをプリントすることも可能です。

ハンカチやタオルよりも大きく、質感がいいために風呂敷はミニタペストリーとして利用されることもあります。

風呂敷を室内で飾る

近年ではアニメグッズにもこうしたアイテムは広がり、特に大正や明治などを舞台にした作品のグッズになっているのが特徴です。
日常でも上手に伝統を活かしながら、現代の価値観にアレンジされて使われています。


 

サイトトップ  現代のふろしきの需要  自由自在ふろしき  ふろしき選ぶ楽しさ  オーダーメイドふろしきを作る  防災グッズのふろしき  マップ  敷いて着替えを行ったため、「風呂敷」  市販の生地から真四角を取り出す方法  子供用  旅行    バッグ  老舗  祝儀袋  マナー  風呂敷はかなり昔から使用されていた  ふろしきの素材を探す  1枚からの製作出来る会社もある  まとめ買い  撥水風呂敷  平包(ひらつつみ)  季節柄:冬  ペット再生繊維  価格の理由  SDGsを意識した生活  動物モチーフ  贈り物を包めるデザイン  大切な物を守る