ふろしき
みっけ★

2012-20XX

風呂敷は防災グッズとして最適

風呂敷はいろいろな使い方ができますが、防災グッズに適していると注目されています。
災害時に起きることを想像してみると、避難所などに移動する際には
家から日ごろ使っているものなどを持っていく必要がありますし、
火災などが発生するとマスクが必要になります。

断水などが起こると地方自治体が設ける給水所に水を取りに向かったり、
けがなどを追って救急用品が必要になるかもしれません。風呂敷で水を運ぶ

風呂敷は四隅を結んでリュックに使うことができますし、
鼻や口を覆うように巻いてマスク代わりに利用することも可能です。

配給や給水を受け取る際の袋としての役割も持たせられますし、
骨折などを固定する三角巾の役割も果たせます。

さらに避難所では簡単に仕切られた空間しかないため、
着替えなどを行う場合の囲いとしても使うことが可能です。

災害時に特に役立つのは撥水加工がされたものです。
水だけでなく汚れもはじきますし、選択すればすぐに乾くため、
使い勝手が良いからです。

水や汚れをはじくことで、お子さんが食事をするときのナプキン代わりにすることもできます。

風呂敷は折りたたんでしまえば小さくなるので、防災用品を入れたリュックなどに忍ばせておくとよいでしょう。

撥水加工してあるふろしきは災害時以外にも役に立つ

水をはじく加工がしてあるふろしきは、災害時だけでなく
日常的にも使用できる範囲が広いため、防災用リュックだけでなく
カバンの中に忍ばせておくこともおすすめです。

特にレジ袋が有料になった今ではエコバッグを持つ人も増えましたが、
ちょうどよいサイズのエコバッグでないと購入した商品をきちんと入れられなかったり、
エコバッグ自体をうまくたためずにカバンの中でかさばるなどのデメリットがあります。アレンジしやすい

その点、ふろしきは買ったものに合わせてサイズを調整して
使用することができますし、折りたたんでカバンにしまうだけなので
大きいサイズのふろしきでもかさばる心配がありません。

さらにエコバッグは洗いにくいと考えている方も多く、衛生面を気にする方もいますが、
撥水加工してあるふろしきであれば簡単に洗うことができ、すぐに乾くので衛生面を担保できます。

持ちなれていないので、結び方やどんなサイズを持っていると便利なのかと
考える方がいますが、基本的には2種類の結び方をマスターできれば、自由にアレンジが可能です。

サイズは10種類ほどありますが、小さいものより大きめのものを選んでおくと様々な場面で使用することができます。


 

歴史  名前  作り方  子供用  旅行    バッグ  老舗  祝儀袋  マナー  保管  素材  1枚からの製作  まとめ買い  撥水風呂敷